Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

梅雨時期に家庭で出来る食中毒を防ぐポイント!

毎年6月は梅雨ですね。この時期には食中毒が発生しやすいです。毎日元気で過ごすために、この時期に特に気をつけたい家庭で出来る食中毒を防ぐポイントをご紹介します。

買い物仕方や保存方法と調理でのちょっとした下ごしらえで、家族みんなでこの時期を元気に乗り越えましょう♪

 

雨がたくさん降ると気温が上がり、ムシムシジメジメすることから食中毒をおこす細菌たちは元気になり大活躍します。特に6月から8月は大活躍しています。

しかし、食べ物の中に細菌が繁殖して増えたとしても、味やにおいは全く変化しません。

つまり見た目にはなんらわからないということが食べ物に着いた最近の怖さです。

そしてこの細菌が食中毒の原因になります。

 

細菌は付けない! 増やさない! やっつける!

 

 

食中毒の原因は

食中毒といのは1年を通して発生していますが、この6月から8月というのは特に細菌が原因となる食中毒が多く発生します。

代表的な細菌は、O-157などの腸管出血性大腸菌やカンピロバクター、サルモネラ属菌、黄色ブドウ球菌などです。

予防をするために一番大切なことは、この細菌たちを食べ物に付着させないこと!

着いていても細菌を増やさないように工夫し、やっつけてしまえば問題はありません。

皆さん、どれもお耳にしたことがあると思います。O-157は以前に小学校の給食で大暴れしたことがありました。

大事なことは細菌が付着していると常に仮定して対策を立てることだと私は思っています。

 

 

買い物するときは

この時期には特に買い物をするときには、ここに気をつけて欲しいというポイントを上げて見ました。

①消費期限を確認する。

②肉や魚などの生鮮食品は最後に買う。

③肉や魚などの汁が他の食品に着かないように、分けてビニール袋に入れる。

④寄り道をしないで真っ直ぐ帰る。

⑤肉や魚のど生鮮食品は保冷できるカバンなどを利用する。

 

近頃のスーパーでは氷やドライアイスを無料で提供しているところがたくさんありますから、ドンドン活用しましょう!

 

 

家庭での食品の保存方法

細菌を付着させない!増やさないための食品の保存の仕方を紹介しますが、これらは年中行って普段からの習慣にしておくことをお勧めします。

①冷蔵や冷凍での保管の必要な食品は、持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に保管する。

②肉や魚はビニール袋か容器に入れて、汁が他の食品に着かないようにする。

③肉、魚、卵などを取り扱う時は、かならず取り扱う前と後に手指を洗う(できれば石鹸で。お湯で手指を洗うのもいいですね。)

④冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫はー15℃以下に保ってください。

⑤冷蔵庫や冷凍庫に食品を詰めすぎない。詰めすぎると冷気の循環が悪くなります。

 

これだけで随分と食中毒を防ぐことが出来ます。

ですが。出来ることなら・・・

 

コマメにお買い物をして、できるだけ長期保存はさけて下さいね(^^)

 

 

調理の下ごしらえ

我が家はこれをしっかり守っているので、いまだかつて我が家で食中毒者が出たことはありませんのでかなり有効です。

参考にして見て下さいね。

 

①調理の前は石鹸で丁寧に手指を洗いましょう。

②野菜(カットしたもの)流水できれいに洗いましょう。その後お湯をサッとかけるとさらに効果的です。

③生肉や生魚などの汁が、果物やサラダなどの生で食べる物や、調理済みのものにかからないようにする。

④生肉や魚や卵を扱う前後は必ず手指を洗う。

⑤包丁やまな板は肉用・魚用・野菜用と別々にそろえて使い分ける。まな板は肉・魚用よ野菜は必ず分けた方がいいです(裏表でも良い)。無理な場合は食材を変えるたびに、石鹸で綺麗に洗ってから使いましょう。(包丁も)

⑥冷凍食品の解凍は冷蔵庫や電子レンジを利用し、自然解凍は避ける。

⑦冷凍食品は使うだけを解凍し、解凍したものを再び冷凍しない。(冷凍と解凍の繰り返しは危険です。)

⑧使用後のふきんやタオル類は洗剤で洗い熱湯で煮沸した後、しっかり乾燥させましょう。(最低でも、毎日洗剤で洗って乾燥はさせて下さいね)

⑨使用後の調理器具は熱湯消毒して殺菌する(特に生の肉や魚を切ったまな板と包丁)。

 

最近は便利な除菌できる洗剤もありますから利用してもいいと思いますが、熱湯消毒ならお金はかからずにお手頃であり、人体に優しいので私は熱湯をおススメします。

 

まとめ

どれも普段から習慣にしておけば難しい事ではありません。

「そこまでしなくても大丈夫!」と思っている方もおられると思いますが、せめてこの梅雨時期だけでもやって見てください。

健康にまさる宝はありませんし。体が健康であれは心も健康になれます。

皆でこのジメジメした季節を元気に過ごしましょう♪

本日も記事を読んでいただき有難うございました(*^▽^*)

スポンサードリンク

ページトップへ戻る