Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

冷蔵庫に入れない方が長持ちする野菜とその保管方法

冷蔵庫には入れない方が良いお野菜があるのをご存知ですか?

冷蔵庫に入れない方が長持ちするなんて信じられない・・・と思われた方、少しでもお野菜を長持ちさせたい、電気代を節約したい方はぜひ参考にして頂きたいと思います。

特にすべての野菜冷蔵庫に入れている方はぜひ参考にしてくださいね。

冷蔵庫に入れない方がよい野菜もあるんです。

今回は冷蔵庫に入れない方がいい野菜の保存の仕方と種類、とともにちょっとしたポイントもお届けします(*^▽^*)

 

冷蔵庫に入れない方がよい野菜


夏に向かって暑い季節になると食品は痛みやすくなります。それは加工品や生鮮食品だけでなく野菜も同じですよね。

でも、お野菜は種類によって暑い季節でも、冷蔵後に保管すると逆に傷みやすくなるものもあるんです。

不思議ですよね?どうしてなんでしょうか?

 

さてこちらの野菜です。


ジャガイモ
サツマイモ
サトイモ
玉ねぎ
かぼちゃ
ごぼう
しょうが
ナス
バジル
   など

これらの野菜は適温が高いので低温保存には向いていません。

特にサツマイモは冷蔵庫には不向きなので気をつけましょう。

いも類がほとんどなんですが、土の中で育つ野菜や硬いお野菜が多いですね。

ナスは低温だと実が縮んでしまったりします。また、バジルは黒くなってしまうことがありますので冷蔵庫保存はあまり良くないと言えます。

 

「確かにそうかも!」って思われた方や、「そんな感じがしていた!」など想像していたものと同じという方もたくさんおられると思います。

でも、そう思いつつ、冷蔵庫に入れておられませんか?


我が家には田畑があります。畑で一度に収穫した野菜もありますので、もちろん冷蔵庫には入りきらないので、別の形で保管しているんですよ。

もちろんたくさん採れるからだけでなく、おかげでこの方法が有効だということが良く分かるという事です。

さて、どうのように保管しているのか、もちろんご家庭でできる保管方法をこれからご紹介しますね

 

保管方法


とっても簡単な方法です。

 

陽の当たらない風通しの良い涼しいところに保存

 

玉ねぎなどは網のネットで販売されていることが多いですよね。私はこのネットをよく利用しています。

それこそ軒下の洗濯竿にぶら下げると長持ちするいい方法ですね。

いも類は洗濯物などを入れる穴の開いたかごに入れています。

ホームセンターなどでは木や竹で編んだ籠も売っていますから、そういうものを利用するのもいいですね。

マンションなどでは、バルコニーの常に日陰のところなどに置かれるのをお勧めします。ただし雨がかからないような場所にして下さいね。

 

ちょっとしたポイント


ジャガイモと玉ねぎは一緒に置かない!

この二つは、別々の籠に入れるなど離して保管して下さいね。

一緒にしておくと傷みが早くなります。

 

ナスやバジルは日持ちがしにくい。

これらの野菜は基本的に長くは持ちませんのでなるべく早く調理することが大事です。

しばらく置いておくのであれば、様子を見て冷蔵庫へ移しましょう。
  
冷蔵庫で保管するときは新聞紙やビニール袋などに入れて保管すると低温になるのを防ぐことができ、程よく保管することが出来ます。

 

カット野菜や使いかけには冷蔵庫に保管

カットしてある野菜を購入した時や、使いかけのお野菜は冷蔵庫で保管してなるべく早く使ってください。

 

まとめ

戦前には冷蔵庫なんて便利なものはありませんでした。冷蔵庫があるので今の私たちの食生活はとても潤っています。

ですが昔は冷蔵庫はなかったけれど、いろんな工夫で生活はできていました。

冷蔵庫に入れなくて済む野菜を他で保管することで、冷蔵庫の中にゆとりが出来て冷えも良くなり、ひいては電気代の節約にもつながるという良い事づくめ。

皆さんもぜひいろんな工夫をしてみて下さいね。

こんなこともできるよ!というものがあればぜひ教えて欲しいと思います。


最後に。記事を読んでいただき有難うございましたお役に立つと幸いです。

またぜひお越し頂けると嬉しいです(^^)/

ページトップへ戻る