Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

癌になりやすい食品があるって本当?食べ方にも注意!

悪性新生物(ガン)・心臓の疾患(心筋梗塞などの心臓病)・脳血管疾患(脳梗塞・脳溢血など)が増えているこの頃。

これらは三大成人病と言われていますが、特にがんは小児から高齢者まで幅広い世代の病気となってきました。

 

三大成人病だけでなく、糖尿病、痛風や慢性疾患などが増えてきて、これらは生活習慣病と言われています。

つまり生活習慣が良くなくてなってしまう病気とも言えますね。

ガンなどの三大成人病は戦前までトップ5位にも入らない病気でした。戦前に多かった大病と言えば結核や肺炎、胃腸炎などの感染症などが主で、高い死亡原因となっていました。

しかしこれらの感染症は化学療法の発展と抗結核剤や抗生物質などの開発で、感染症疾患による死亡者は激減しました。

インフルエンザなど含めて感染症には”コレ”という治療薬はありませんが対処療法により死亡に至るケースは極めて少なくなっています。

 

今回は3人に1人が患うといわれるようになったガンに焦点を合わせたいと思います。

この病気の原因とは何なのでしょうか?

どうも食べ物や食生活にその解決方法があるようです。

 

ページトップへ戻る