Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

御朱印とは。

今回は御朱印や御朱印帳についてご紹介したいと思っています。

最近は全国各地の有名な神社仏閣にはじまり、たくさんの寺社で御朱印がいただけるようになり、ちょっとした流行にもなっていますね。

私も今度、お伊勢さんに日帰り旅行に行くので、お参りした後に御朱印をいただこうと思っています。

せっかくなので、御朱印について色々と調べてみました。

 

御朱印とは?

本来、般若心経などの写経をおさめた証として、お寺が書いてくださった受付印のことです。

起源には諸説あるようですが、いちばん有力なのは西国三十三所霊場詣や四国八十八箇所霊場詣、七福神めぐりなどだそうです。

関西や四国など西の方からはじまったのかな?我が家の近くにはまさに西国三十三所霊場がありますから、こちらもおいおい参りたいと考えています。

これが現在の御朱印のはじまりとなっているんですね。

基本的にはお寺でいただけるものですが、明治以前は神仏を分ける習慣がなかったので、お寺のなかに神社があることも当たり前だったので、神社でもらうことも不思議なことではないんですね。

ただ、お寺では”納経”つまり写経などをお納めするのですが、神社にはお経は収めませんし、今はお寺に行っても納経される方はほとんどおられません。

いろんな考え方もあるでしょうけれど、最近はお寺も含めて参拝の証として頂いている方が一般的ですね。

このことからも、御朱印をいただくには初穂料や志納が必要となる場合あります。

お金ですませるんですね。

だいたい 500円から300円くらいが多いようですし、なかには「お気持ちで」というところもあります。

御朱印をいただくなら少しばかりの小銭を持っていくといいでしょう。

また御朱印をいただくのなら、メモ帳やスタンプ帳などを差し出すのは大変失礼な行為です。

墨書きや押印が滲まず裏写りしない御朱印帳を用意しましょう。お寺と神社で分けておくのもポイントです。(寺社によって混在を嫌われるところがあります)

出典:写真AC

 

朱印帳とは?

御朱印がお寺発であることをお伝えしましたが、現在でも、御朱印帳のことは、納経帖や納経印ともいわれています。

寺社の神職の方に押印と墨書きをいただくときに使うノートですね。蛇腹折のものやノートのようになっています。

御朱印がもらえる寺社には、その寺社のオリジナルの御朱印帳が販売されています。他にも文具メーカーなどでもいろんなデザインのものが発売されていますから、自分の気にいったものを使うといいいでしょう。

私も自分で好きなものを購入しました。

社寺それぞれに違う御朱印は、お守りやお札と同様にご神体やご本尊の分身になり、神棚や仏壇にあげている方もおられます。

決して粗末に扱わないように心がけましょう。

 

御朱印をいだだく理由とは?

御朱印は各社寺の神仏とご縁を結んだ証であり、また積み重ねてきた尊き修行の証でもあります。

現在のように交通手段が発達していないころの、寺社詣は一大変なことでした。

同じ寺社を一生に何度も訪れることは難しいことでしたから、縁を結んだ証、また修行の証として残すためのものでもありました。

お参りされた方がお亡くなった際には、棺に入れてあげることで、極楽浄土へ導かれると云われています。

またお参りされたご本人以外が亡くなられた際に、棺に入れて差しあげると人の優しい気持ちが伝わり神仏にお守りいただけると云われています。


そのときがくるまで大切に保管してください。もちろんご家族などにお伝えしておくことも大事ですね。

 

それから・・・

比較的大きな寺社ではいただけますが、御朱印をしていないところもありますので、お参りした後に御朱印をいただきたいのであれば、事前にしらべておくほうが良いですね。

浄土真宗や日蓮宗のお寺には、御朱印はありませんのでお伝えしておきますね。


有名な寺社な神社に行った記念にと、記念スタンプと同じように考える方もいるようですが、御朱印は尊いものですので、心を込めていただきたものです。

また、寺社に足を踏み入れるキッカケとしては役に立っていると思いますが、お参りもせずに御朱印だけいただく方もいるようです。

私は神社仏閣の空気というか雰囲気が大好きなので、訪れた方にはぜひお参りもしていただきたいと思います。

また、お伊勢参りの報告もしたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^-^*)

スポンサードリンク

ページトップへ戻る