台風21号はホントに凄かった!

雨もたくさん降りましたが、一番影響を与えたのは”風”でしたね。

 

被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

 

二番目の子が通う学校は大きな飛来物などで、今日は臨時休校になりました。校舎や周辺の損傷個所なども点検するとのことでした。

一番上の子は学校は大丈夫なんですが、大きな木などの倒壊や信号機の異常などで、路線バスが運休して通学できませんでした。

 

子どもたちは大喜びでしたが、今年は地震や7月の台風でも学校が休みになっていますから、授業の方が遅れていますから、そのうち臨時で授業があったりするのかもしれませんね。

 

台風のせいで大変!

関西国際空港では

タンカーの接触や滑走路の冠水などの被害が出て、3千人ほどの利用客が取り残された関西空港では、5日早朝に神戸空港との間を往復する高速船の臨時便による救助活動が始まりました。

関空島の船乗り場は、旅客ターミナルからバスで5分。バス乗り場には長い列。神戸空港には関空で一夜を明かした人々が高速船で到着した方がそれぞれ帰路へとつきましたが、皆さん、暑くてほとんど眠れなかったそうです。

 

関空はしばらく閉鎖になり、運行再開のメドは立っていないようです。

 

関西の鉄道も

4日は終日、運休などで乱れていた各地の交通機関は、東海道新幹線、山陽新幹線、阪神電鉄、阪急電鉄、京阪電鉄などで5日の始発から運行がはじまりましたが、まだ混乱が続いている路線もあります。

JR西日本にでは京都線と神戸線で始発からいったん運行を再開したが、飛来物を確認したため、午前7時半現在で、高槻―西明石駅間で運転を見合わせています。

大阪環状線、北陸線の長浜―近江塩津駅、湖西線の近江今津―近江塩津駅などでも、始発からしばらく運転を見合わせていました。

特急列車は見合わせが続いています。

南海電鉄は、南海本線の尾崎駅は駅舎が全焼し、復旧の見通しは立っていないそうです。

 

他にも

停電や信号機の倒壊、電柱や街路樹が倒れるなどして交通や生活に支障が出ています。

特に建物の被害が多く、屋根や外壁などの破損はかなりあるようですね。

 

わが子が卒業した小学校も、6月の地震でグラウンドに亀裂が入り、一部では陥没もしていてまだ修繕されていないというのに、昨日には体育館の屋根の一部が剥がれてしまいました。

今月末には運動会も行われるはずだったのに、心配なところです。

 

まとめ

今年はなんだかいろんなことが起こっています。

特に自然には勝てないと改めて感じる年ですね。

さて、あと4か月。何もありませんように。

本日もご訪問頂きありがとうございました(*^-^*)