Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

人間だけではなくニホンザルも自閉症・・・

対人関係を築くのが苦手とされる「自閉スペクトラム症」。

これと同じ症状を持つニホンザルを確認したそうです。

これは、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などのチームが明らかにしたものです。

 

私個人はこういった症状は、社会生活を営みストレスを多くかかえる人間特有のものと思っていました。

人間以外の動物で、自閉スペクトラム症が確認されたのは初めてということです。もちろん遺伝子操作などは行っていないそうです。

どんなところが同じなのでしょうか。

発表によると、他人の行動に反応する神経細胞がほとんどないことや、遺伝子の特徴も人と共通しているそうです。

類人猿だからでしょうか?

このサルは飼育中だったそうです。

複数のサルのうち1匹が人になつかなかったことや、自分の爪をかむ行動を繰り返していたそうで、この行動が自閉スペクトラム症に似たていると考えました。

このサルの遺伝子の解析をしたところ、特定の遺伝子が変化した影響で、人と同じような症状が表れたと結論づけました。

研究チームは「これまで謎だった自閉スペクトラム症の仕組みの解明につながる」と期待しています。

 

自閉スペクトラム症 

自閉症などの発達障害の総称。

100人に1人程度いるとされていいます。

 

いろんな病気の解明は必要なことですが、なんだか研究されるサルが可哀想にも思えました。

昔からいろんな人がいて社会は成り立っています。

発達障害などは、大きな心で周りが対処すれば、ただそれでいいような気がするのは私だけでしょうか。

ウイルスやがんなどの病気なら研究も大事でしょうけれど、遺伝子などに関わるものは神様の領域に足を踏み入れるような気がして釈然としないものを感じました。

皆さんはどう思われますか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

 

ページトップへ戻る