Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

皆既月食をビデオやスマホで撮影しよう! 2014/10/8

10月8日は日本全国で皆既月食をみることができます。やはり綺麗に写真に撮りたいですよね?皆既月食の意味と一緒にビデオやスマホで綺麗に撮影する方法をご紹介します!

今年はスーパームーンも2度も見ることができたのに、月にまつわるイベントが山盛りですね。

今回の皆既月食は日本全国で見ることができます。

石垣島から以西の地域では月がわずかに欠けた(月出帯食)状態で昇ってきます。それ以外の地域では部分食を始めから見ることができるようです。

スポンサードリンク

 

 

月食とは

月食は、太陽と地球と月が一直線に並ぶときに起こります。そして、満月のとき限定。

ただし、星空の中での太陽の通り道(黄道)に対して月の通り道(白道)は傾いているために、ふだんの満月は、地球の影の北側や南側に位置しているので、満月のたびに月食が起こるというわけではありません。

地球と月はともに太陽の光を反射して輝いている天体です。地球も月も太陽の光による影があり、太陽とは反対の方向に伸びているそうです。

この地球の影の中を月が通過することで、月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象が「月食」です。

地球の影には、太陽光がほぼさえぎられた濃い影「本影」と本影を取り囲む薄い影「半影」の2種類があって、月がどちらの影に入り込むかにより月食の呼び方が変わります。

げっしょく

 

半影食

月の一部または全部が半影だけに入った状態。

半影は薄い影なので、目で見ただけでは月が欠けているのかどうか、はっきりとはわからにそうです。

本影食

月の一部または全部が本影に入った状態。

「月食」というと、この「本影食」のことを指します。

本影は濃い影なので、肉眼でも月がはっきりと欠けたように見えます。また、月の一部だけが本影に入り込む現象が「部分食」、月の全てが本影に入り込む現象が「皆既食」です。

今回は「皆既食」つまり月全体が地球の影に入り込んでしまうということですね!!

 

皆既月食のときの月の色

皆既食では、月が本影の中に完全に入り込みます。影の中に入るイメージでは真っ暗になって見えなくなりそうな感じがしますよね。実際には…

「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えます。

地球のまわりには大気がありので、太陽光が大気の中を通過する際、波長の短い青い光は空気の分子によって散乱され、大気をほとんど通過することができません。

ですがその一方で、波長の長い赤い光は散乱されにくいため、光が弱められながらも大気を通過することができます。朝日や夕日が赤く見えるのと同じ原理です。

大気がレンズのような役割となり、太陽光が屈折されて本影の内側に入り込みので、このかすかな赤い光が皆既食中の月面を照らすことにより、月が赤黒く見えるそうです。

げっしょく2

大自然って本当にすごい神秘的ですね。

双眼鏡や望遠鏡を使うと、地球の影が月面のクレーターや海を横切って移動していく様子や、皆既食中の月面の色や明るさの変化などがより鮮明に観察できますよ~!!

 

その他の星

皆既食が始まる頃には、それまでは月明かりの影響でほとんど見えていなかった暗い星が見えてきます。

双眼鏡を使うと、暗い星が見えてくる様子が、さらにはっきりとわかるそうです。

特に今回の皆既月食では天王星を見つける絶好のチャンスなんだそうです!

天王星は太陽系の惑星の一つです。約6等級と意外と暗いので見る機会があまりないいんですね。

でもこの日ばかりは、たまたま!!ですが、月と天王星が近くにあるそうなんです。そのために、皆既食中の月の位置を目安に天王星を見つけることができます。

天王星を肉眼で見つけるのはたいへん難しいので、双眼鏡を使って天王星を探しましょう。

皆既食になり月が明るい輝きを失うと、月の近くにも星が見え始めます。月の右側に、月の直径の1~2倍ほど離れた位置に見える暗い星が天王星だそうです。

探してみて下さい(^^)

 

スマホやビデオで月を撮影してみよう!

★1.フラッシュはオフにしておく。

フラッシュは被写体である月や建造物などに対しては効果がありません。夜景モードや風景モードが撮影に向いています。

★2.スマホならタイマー機能・三脚・指離しシャッターを利用

暗い場所でのオート撮影時は、明るくするためにシャッターのスピードが遅くなって、被写体がブレてしまうことがあります。三脚などを使うと便利です。ブレ対策はしておきましょう。

iPhoneなど長押しで連写になってしまうスマホに関しては、カメラ設定から連写機能をオフにしておきましょう。

★3.露出補正マイナスとシャッターのスピードを遅く設定

月の白飛びの防止には、露出補正でマイナスにすると効果があります。シャッタースピードもスローに設定すると効果的。調整しながら、いちばん良い設定を研究してください。

★4.オペラグラスや双眼鏡で望遠機能を追加!

双眼鏡やオペラグラスを使います。オペラグラスや双眼鏡などからのぞいて月にピントを合わせ、接眼レンズ側にスマホやビデオのカメラを当てると望遠撮影ができます。

★5.アングル

月を撮影するなら、やはり手前に建物や自然物を入れると、月の大きさがわかり、風情があって絶妙でしょう。

 

オススメ 

月の出る方角や、時間による高さなどを正確に把握するには、スマホアプリ「サン・サーベイヤー」(iOS・Android)がおススメです。

太陽と月の出る方角や時間を無料版で正確に知ることができます。有料版ではARカメラ機能があるので、観察地点からの見え方もシュミレートすることができますよ。

直前まで、天気予報をチェックしつつ、前もって試し撮りなどをしてください。星空がどうなるかは、tenki.jpの「星空指数」などを参考にしてください。

月の位置を早めに確認しておきましょう。

ページトップへ戻る