Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

「桜沢如一とリマの顕彰会」との出会い!

桜沢如一とリマの顕彰会との出会いはもちろん「玄米自然食品の店 祥園」です。祥園は顕彰会の関西事務局でもあり、祥園にお世話になりはじめて顕彰会の存在を知りました。

祥園は自然食品のお店なので、アレルギーのある方や病気の方、もちろんダイエットしたい若い女性(^^)にもやさしいお料理が食べられるのですが、マクロをもっと知りたい方には顕彰会はおススメです!

桜沢如一さんって?リマさんって? 後ほど詳しくご紹介します!

お二人はご夫婦であり、マクロビオティックを日本から世界に発信された方です。そのお二人の志のもとに「顕彰会」はあります。

「顕彰会」では春と秋に会報を出版されていて、桜沢ご夫妻の軌跡にくわえ、マクロの食に関することや体のこと、マクロのお店の紹介などマクロに関する情報がたくさん掲載されています。

会報を編集されているのは、兎龍都(うだつ みやこ)さんです。2014年の8月に祥園で講演会をして下さった方です。

私は毎回この会報をとても楽しみにしています。

 

スポンサードリンク

 

桜沢 里真(さくらざわ りま)さん(1899年4月78日 – 1999年11月9日)

山梨県生まれ。小さいころから病弱で37歳の時に桜沢如一の講演を聞いて感動し、食養で健康を取り戻した方です。

39歳で桜沢如一と結婚し東洋医学や食養料理の研究をつづけながら、夫と共にインドやアフリカ・欧米諸国を巡り健康指導や料理指導の普及に努めました。

桜沢如一さんが亡くなってからもその遺志を継ぎマクロビオティックに人生を捧げたかたです。御年100歳まで永眠されました。

明治・大正・昭和・平成と生き、この世の移り替わりをどんな思いで見ていたんでしょうね。

 

ページトップへ戻る