Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

マクロビオティックで白砂糖を使わない理由は?

マクロビオティックのお料理に「白砂糖」は使いません。基本的に「砂糖」は体に良くないとされているので、甘みを出すときには砂糖ではなく他のもので代用します。

でも・・・

どうしてお砂糖は良くないのでしょうか?

今回は「お砂糖」を使わないほうが良い理由など砂糖をテーマにお伝えしていきたいと思います。

 

マクロビの勉強を始めた時に、最初に驚いたことが「砂糖を使わない」事でした。

もちろん普通に考えて、甘いものを食べ過ぎると太ってしまいますし、成人病の危険性もあることも理解しています。

アイスクリームやお菓子など私の好きなものには砂糖がたくさん使われていますよね?

もちろん私は、1個くらい・・・ちょっとくらい・・・病気にならない程度なら・・・とイロイロと好んで食べていました。

それに普通に煮物などの料理に使うくらいどうってことないと思っていました。

 

ですが、桜沢如一はその著書のなかで「砂糖」危険性を度々訴えておられました。

 

砂糖のここに問題が!

桜沢如一著の「東洋医学の哲学」や久司道夫著の「久司道夫のマクロビオティック入門編」などの記述から次のような理由が挙げられます。

①陰性に強く傾いているため体の調和を崩しやすい。

②体に必要な微量栄養素(ビタミンやタンパクや脂肪など)がない。

③血液を賛成に傾け、抵抗力を低下させて感染症にかかりやすい体質になる。

④血糖値を急激に上げたり、肥満に導くなど病気の原因となりやすい。

⑤ビタミンB群が欠乏しやすくなり、疲れやすくなったり肩こりなどの病気の原因にもなります。

 

どうですか? マクロビオティックを実践されている方であればご存じだと思いますが、マクロを最近知ったばかりの方や、これから始める方にとって「砂糖」が大変重要な要素であることが分かっていただけたと思います。

 

甘味

甘いものの魅力ってすごいですよね~(^-^;

 

使ってもいい砂糖もある⁉

砂糖が全く食べられないなんて、私は正直耐えられません。

なのでもちろん調べました!!

よ~く調べてみると。桜沢如一も「精製された白砂糖」が良くないとしています。

「精製された」とは現在の科学的な白砂糖はミネラルやビタミンなどを含んでいないから。ということです。

ということは、砂糖を使うことがいけないのではないということです。

 

では。どんな甘味料なら使うことができるのでしょうか?

 

甘みはコレで!

次にあげる甘味料はマクロビオティックの料理に使われているものです。

精製していない黒砂糖・メープルシロップ(純正はちみつ)・米飴など。

ちょっと高価ではありますが、基本的に砂糖は陰性に傾ける性質のものですから、必要最小限の利用が好ましいと言えます。

そんなに使わないことを前提でなら少々お高くても気になりませんよね?

何よりも健康が一番ですから。

 

まとめ

甘味料も自然なものを使えば問題ないと分かって”ホッ”としてしまった私。

できるだけお野菜の素材を生かすことができれば、お砂糖を使わなくてもかなりの甘みは出すことができます。

陰性に傾く素材を使うときには、陽性のものも摂取して常に中庸になるようにと、心がけてメニューを考えていれば大丈夫かな?と考えています。

 

最後まで記事を読んでいただき有難うございました(*^▽^*)

 

スポンサードリンク

ページトップへ戻る