社会人にとって他者との食事の機会はたくさんありますよね。
食事のマナーで、相手の人格が分かってしまった経験はありませんか?

それはそのまま、仕事の評価にもかかわってくることもあります。

今回は食事中の「音」に焦点をおいてみました。

 

日本人は音におおらか?

日本人より海外の方のほうが、食事のときの「音」に対して厳格なマナーを持っています。

海外の方との食事をするときには、音のマナーに特に気をつけなければなりません。

日本人どうしで食事をするときにも、普段から欧米の流儀を知っていればきちんとしたマナーを守ることができます。

 

「すする」音はゆるされるのか
日本人は汁物を音をたててすすります。
味噌汁でも麺類を食べるときもズルズルと音を立ててすすります。日本では、音を立てないように汁を飲むと、「おいしくなさそう」と思うことがあるくらいです。
 
ですが、洋食のマナーではスープをすするのはNGです。スープはスプーンで飲むのが常識。
ですが、そのスプーンから「ずずっ」と、すすってしまった経験はありませんか?
スープはスプーンを使って、静かに口に流し込むのがマナーです。
 
食器がカチャカチャ
和食は箸を使います。また、木製の食器を使った場合は、音が立ちにくいためあまり気にする必要はありません。
ですが、陶器やガラスなどの食器も日常的に使っています。
洋食の場合、食器はほとんど陶器か金属製です。食べるときはナイフやフォーク、スプーンを使いますが、これらも金属製ですね。
 
つまり食事中は注意していないと、どうしても「かちゃかちゃ」音を立ててしまうのです。
 
欧米人は特に、こどものころから金属製のものを使い慣れているため、日本人は「食器の音」を立てがちです。
ナイフでお肉を切るとき「キコキコ」、サラダをフォークで「カチャ」、スプーンでスープを飲むときに、つい「カチャリ」。
 
普段の食事の時にしっかりと練習しておくことをお勧めします。これは常に気をつけなくてはいけないマナーですね。
 
くちゃくちゃ食べていませんか?
ものを食べるときに口の中でくちゃくちゃ音をさせるのは、最悪のマナー違反です。
クチャクチャと音が出る方は、大抵、口を開けたまま咀嚼(そしゃく)していることが多いです。また、食べながら話をするときにも音がしますね。
 
こんな方の真向かいに座って食事をするのは、大変不快です。
 
これは世界共通の基本のマナーですね。
 
これは大きくは育った家庭環境に大きく差があるようです。子どものころに親からしつこく注意されていた方々は、咀嚼音(そしゃくおん)を立てないで食事するようになっておられると思います。
ですが、かなりの高齢の人の中にも守れていない人がいるのは、育った家庭でそういったマナーを守る習慣がなかったのでしょう。
まとめ
食事の時に立てる音は複数あることがご理解いただけたと思います。
 
その中でも口を開けて「クチャクチャ」食べる咀嚼音は、最悪のマナーで一緒に食事をしている人の食欲を減退させます。
「このひととはもう2度と食事をしたくない」と思われてしまうことにもつながりかねません。
他の「音」も含めて普段から家庭でマナーを覚える習慣が大切といえるでしょう。
今ま出来ていなかった方やマナーを知らなかったかたは、今日からしっかりと正しいマナーで食事をしてください。
 
それだけでセレブになった気分になれると思います。
 
 

スポンサードリンク

</aside >