Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

赤紫蘇ジュースの簡単な作り方!初夏にピッタリ健康ドリンク!

梅雨の時期は赤紫蘇が店頭に出回る時期ですね。赤紫蘇は梅干しを作るときに使う方が多いと思いますが、私は赤紫蘇が出回るこの時期には必ず赤紫蘇ジュースも作っています!

初めて飲む時はその色を見て、「きれい!」と思ったんですが、やはり赤紫蘇=梅干しのイメージが強すぎて、つい「すっぱそう!」と思ってしまいました。

しかも…作り方を教えてもらったのではちみつ(お砂糖)をたくさん入れていたのを見ていたにも関わらず!

実際に飲んでみると、赤紫蘇ジュースの味はイメージと違って甘くて紫蘇の香りがたっぷりでとっても美味しかったです!

では、材料と簡単な作り方そしてポイントをご紹介します!

 

スポンサードリンク

 

 

材料

1.赤紫蘇  300g

2.水    1.5L

3.三温糖又は、はちみつ   500g~600g

4.レモン果汁  50ml~60ml

 

 

ジュースの作り方

①赤紫蘇はまずサッと水で洗って、あらゴミを取ってください。

②赤紫蘇の葉を丁寧にちぎって、3回くらい水をかえてあらいましょう。汚れが取れたらザルにあげて水気を切ってください。

③大きめの鍋に水を沸騰させ、半分の量の赤紫蘇を入れて葉が緑色になるまで茹でてください。だいたい2~3分で色は変わります。

④ボールにザルを重ねて、鍋から茹でた赤紫蘇をこします。ボールに受けた紫蘇汁はもう一度鍋に戻します。この時、ザルに取り出した赤紫蘇をしっかりと搾ってくださいね。この搾った紫蘇汁ももう一度お鍋に戻します。搾り取った赤紫蘇は捨ててください。

⑤鍋に戻した汁をもう一度沸騰させます。沸騰したら赤紫蘇の残りの半分を鍋に入れて、葉が緑色になるまで茹でます。茹であがったら④の工程を行ってください。

⑥鍋を火にかけ紫蘇汁を85℃(だいたい)に再加熱します。適温になったらお砂糖またはハチミツを入れて完全に溶かしてください。

⑦お砂糖が完全に溶けたら火を止めて荒熱を取り、レモン果汁を加えます。

⑧冷めたら出来上がりです。冷蔵庫で保存してください。

 

濃縮ですので薄めて飲んでくださいね!

 

 

ここがポイント

は当然ながら水道水ではなくミネラルウォーターを使う方が臭みもなく美味しいです。どうしても水道水を使うなら、一度沸騰させて冷ましたものを使ってください。

お砂糖は白糖でもいいのですがマクロビオティックでは三温糖になります。ただ私はいつも砂糖ではなくハチミツを使っています。ただハチミツが好きなだけなのでどちらでもいいですよ!

レモン果汁はレモンを絞るのが正当なんですが、私はポッカレモン100%などの市販のレモン果汁を使っています。ただし!100%でないとダメなので、100%のレモン果汁がないなら、頑張って絞ってくださいね(^^)

★★お砂糖やレモン果汁の量はお好みで調整してくださいね★★

お鍋はホーローかステンレス製のものを使ってください。

材料は日本産のものがいいです。オーガニックのものであればもっといいです(ちょっと値は張るかもしれません)。さらに言えば、住んでおられる土地や近場の産地で収穫されたものならなおいいですね。

鍋をかき混ぜるときは時計回りがいいです!(これは祥園の師匠の受け売りですが)。反時計回りは混ざりやすく、時計回りだと美味しくなる…のでは?という話があり、反時計回りで混ぜて、最後は必ず時計回りで1回は混ぜて終わっています。(これはあくまでも私の持論です!)

★赤紫蘇を茹でるときやお砂糖やレモン果汁を加えるときは、鍋の中をかき混ぜますよね!よろしければその時には秘密の呪文をぜひ唱えてください。

 

  「美味しくなあれ!」  ですよ。

 

この呪文を唱えるとなんか美味しくなる気がするんですよね(^^)/

 

シソ(赤シソ)の栄養

シソは昔から漢方生薬などに使われています。シソの葉は「蘇葉」と書き、「人を蘇らせる葉」という意味で名づけられたそうですよ。

お刺身などに大葉が必ずついているのは、食中毒や食あたりなどを防ぐためですね。

栄養価はあまたの野菜の中でもとてもに高くて、抗酸化作用が強いベータカロチン、カルシウム、カリウム等は、ホウレン草よりも豊富です。鉄分やその他ビタミン、ミネラルも豊富で必ず摂取したい野菜(野草かな)です。

シソは煎じて飲めば風邪の初期症状に効くといわれていますし、食欲増進、消化吸収を助け、胃腸に良い働きをするペリルアルデヒドが含まれています。ペリルアルデヒドには制菌作用があります。

シソに含まれるルテオリンという栄養素は、抗アレルギーや抗炎症効果があるとされていて、最近では注目を浴びている栄養素です。

そしてなんと!青シソよりも赤シソの方がこれらの栄養価が高いと言われています。

赤シソに含まれるにアントシアニンは活性酸素を除去し、脂肪を内臓につきにくくするなど、抗酸化力の強いポリフェノールの一種です。

痩せたい私には必要不可欠なジュースです!!!

 

まとめ

マクロにかなったこの時期ならではの赤紫蘇ジュース!身体が健康になると精神のバランスも良くなります。うっとうしい梅雨の時期は体調を崩しやすいので体調を整えるためにも季節にあった美味しいものを摂取しましょう。

赤紫蘇ジュースは特別な材料など一切なく、この時期ならどこのスーパーにもある材料でできて、道具も手持ちのもので十分です。

そのうち赤紫蘇も無くなりますが、今ならではの赤紫蘇ジュースを飲んで私と一緒にぜひ季節を感じてください。

 

炭酸水やお酒などで割っても美味しいですよ!

 

雨ふりの多い時期なので、皆さんも体には十分ご自愛くださいませ。

最後までお付き合いくださり有難うございました!お役に立ちましたらとても嬉しいです!!

スポンサードリンク

 

 

ページトップへ戻る